fc2ブログ

大阪鶴橋の蕾鍼灸院のほのぼのブログ

日々の日常のことから健康のことまでほのぼの書いています

安産のお灸は何故効くの?

よく妊婦さんの本でも安産に良いツボなど書いていますが、
今日は安産灸について書きます。

安産になりやすいかどうかは、骨盤や子宮筋膜の状態や太腿の筋肉が関与しています。


妊娠してから運動して鍛えるのは、お腹が大きくなってくるとより動けなくなりますし、
身体の動かしにくくなりますし、お腹の子が心配になったりと、どうしてもできにくくなります。




刺激にも敏感になる時期ですし、身体の変化も急速に変化するので、ほどよく何かをするというのが難しくなります。




妊娠中にお灸をすることで、身体の血行が良くなるので、筋肉に栄養がいき、柔軟になります。
筋肉は血で栄養されているからです。またツボにお灸をすることで身体の芯からの冷えを緩和できるようになります。
妊娠中は隠れ冷え症の方が多いと感じます。



その方の状態にもよりますが、身体の血行が良くなると子宮孔や産む時に力みや気力も増します。




だから安産にお灸は良いといわれています。



















スポンサーサイト



[ 2014/10/04 16:30 ] 針と灸について | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する