大阪鶴橋の蕾鍼灸院のほのぼのブログ

日々の日常のことから健康のことまでほのぼの書いています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

玄米の欠点について

最近、流行の玄米

よく玄米を食べられている方も多いと思います。

玄米にも欠点があるので、書いていきます。

1、灰汁がある

植物は食べられ尽くしたら絶滅するので、自分を食べやがったら不幸になる物質を表面近くに鎧のようにまっとっている。
これを「あく」といい、米だけでなく、多くの食用植物に含まれている。

例えば、ゴボウ、タケノコ、山菜、レンコン等も同様。

米も表面に「あく」を持っていて、玄米には多く含まれる。
ムッとして食欲をなくし、食べるのが楽しくない。まず「あく」抜きするのは、料理の初歩的基本。

2、発芽抑制因子がある

全ての酵素が働きを止める酵素。

もちろん消化酵素も止められてしまい、そのまま食べると胃腸の調子が悪くなる。

例えば、生のニンニク、タマネギ、ニンジン等も同じ。
ニンニクは熱を加えるべきだし、タマネギは水に晒せばいいし、ニンジンはジュースにしてはダメで熱を加えてスープにすべき。クエン酸(レモン汁等)や酢を加えても良い。

たとえば、寒い冬の真っ最中や砂漠のど真ん中で芽を出したら、枯れて死んでしまうしかない。
そうならないように植物の種子は、適当な環境条件がそろうまで発芽しねいようロックが掛かっている。玄米も同じ。発芽玄米はその欠点を補うために工夫されたもの。

この1、2の問題を解決するために人類は、精米と米をとぐという二つの方法を開発した。

昔から代々受け継がれ残っている物は、全てそれなりに意味のある物なのです。
但しそうかといって100%精米した白米はいけません。除去した胚芽部分に、グルコースをインシュリンが細胞内に押し込む際に補酵素として必要なビタミンB1、B2、B3が含まれているからです。この補酵素が無いと、一般細胞にも脳細胞にもグルコースが入りません。

3、農薬がかぶって残留している


以上の理由から、30パーセント、50パーセント、70パーセント等の胚芽を残した七分搗き、五分搗き、三分搗き米、胚芽米をお薦めします。
安全で健康にも良く、簡単に炊けて美味しいからです。(山下医院参照)


改善する症状として、低血糖があげられます。

低血糖はさまざまな症状と誤診されます。


精神病・自律神経失調症・免疫疾患・幻聴・幻覚・目の疾患・鼻炎・喘息・胃腸疾患

アメリカではすでに30年も前からよく知られてきた病気で、医学会もよく対応してきています。
日本では、低血糖と診断できる病院は少なく、医師も勉強不足で、ほとんど対応できていません。




(安全な食べ物ネットワーク オルター 参照)



スポンサーサイト
[ 2016/05/05 18:28 ] 健康について | TB(-) | CM(0)

胃が重たい時

朝、食べないとフラフラしそう、でもあまり食べれない

朝から米は胃に重い


でも身体に悪い物は食べたくない


軽い物が食べたいと思っていた時


良い物を発見!



hatomugi.jpg



はとむぎシリアル



おやつや豆乳で食べても美味しいです。



余分なお水が体内にある人にもお薦めです。



[ 2016/04/05 17:47 ] 健康について | TB(-) | CM(0)

不妊治療を考えられている方へ


この本はお薦めです。


不妊治療はつらくない―むだな検査や薬がふたりの赤ちゃんを遠ざける不妊治療はつらくない―むだな検査や薬がふたりの赤ちゃんを遠ざける
(2002/04/01)
加藤 修

商品詳細を見る



どういう方法が良いのか、身体に負担はないのかなど
詳しく書いてくれています。


特にこれから病院に行かれる方は読まれることをお薦めします。


無駄な方法はできるだけ避けること逆に妊娠から遠ざかることなどが書いてあります。


真剣だからこそ読んで欲しいと思います。







[ 2014/11/18 15:24 ] 健康について | TB(-) | CM(0)

今日は雨


20141109132619161.jpg



本日雨が降っています。



雨が降ると気温が肌寒くなり、心なしか悪い部分、痛い部分などが気になり始めます。





身体の中の状態は気温や気圧でも変化が大きく、特に体質とも関与しています。





どういう時にしんどいか日ごろから自分自身で体感することも大切です。














[ 2014/11/09 13:23 ] 健康について | TB(-) | CM(0)

白砂糖の摂り過ぎに注意



砂糖をやめればうつにならない (角川oneテーマ21)砂糖をやめればうつにならない (角川oneテーマ21)
(2012/09/10)
生田 哲

商品詳細を見る




病気を招く・白砂糖病気を招く・白砂糖
(2008/06/30)
松田 秀秋

商品詳細を見る



糖は脳によく、現代人は頭を使う仕事が多くなったため、糖を摂取する方が増えたように思います。
男性も甘党の方かなり多くなっているようです。生活スタイルから身体が欲してくるからです。



しかし、糖でも白砂糖は血糖値が急激に上がってしまうため、身体に良くないと言われています。


その時は頭がすっきりと働きますが、上がったぶんだけ急激に血糖値が落ちる為、イライラして落ち着きがなくなったりするため、また白砂糖を摂取するを繰り返してしまいます。





ただ、脳に糖は必要なため血糖値が緩やかに上がる糖、きび砂糖や和三盆(高いですけれど;)アガベシロップやフルーツなど自然の甘みの物を食べることをお薦めします。


ただ、身体の冷えやすい体質の方のフルーツ(特に南国系のフルーツ)の摂り過ぎは、より身体を冷やすことになりますので、間食程度にとどめた方がいいでしょう。









[ 2014/10/09 10:20 ] 健康について | TB(-) | CM(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。