大阪鶴橋の蕾鍼灸院のほのぼのブログ

日々の日常のことから健康のことまでほのぼの書いています

治る・治らない

治る 治らない



鍼灸は医療であり、現状を理解し、方針を決めなければならない




医療者はその全体的な判断をしなければならない





私自身患者である時、治らないの?と他人に言われると圧迫感を感じます。




時には身体をゆっくりさせたい時もあります。




医療者として改善にはもってはいきたいけれども、治るを意識しすぎると患者の負担になります。 



方針は患者の身体を治る方へ導く治療方針になります。



スポンサーサイト
[ 2016/08/06 15:47 ] 針と灸について | TB(-) | CM(0)

お盆のお知らせ

お盆休みですが

毎年のごとく、休みなく診療します。


暑い夏も乗り切りましょう。

[ 2016/07/31 18:18 ] お知らせ | TB(-) | CM(0)

7年目

開業して7年になりました。

身体を崩し、身体に対して色々思うことがあった1年でした。


治療とは治すこと、改善することです。


身体を崩し休んだ時期、患者さんに必要とされている、責任感というものを感じました。



[ 2016/07/29 14:50 ] お知らせ | TB(-) | CM(0)

皆笑顔になりますように

自分の技術がと思うこともあります。

ですが、患者さんの辛さ、痛みを考えると自分が出来るという感情よりどうやったら楽になれるかを考えます。





少しでも良い時間があったと





その言葉に心からの想いが胸に詰まり、力が出なくなります。



針とお灸に一線の救いになってくれればと思います。





皆が笑顔になりますように。



[ 2016/06/11 13:45 ] 日々の徒然 | TB(-) | CM(0)

回復の証拠

おりづる

だいぶ前に折鶴いただいた
リュックにずっと入れていたけれど、

蓋が開いた時に散らばった鶴を見てもうだいぶ回復してきたと思う今日このごろ

もう大丈夫だからとブログに載せれました。

自力が出てきた証拠


病気の回復は何かを始めること。


[ 2016/06/08 13:09 ] 日々の徒然 | TB(-) | CM(0)